包茎治療の金額と健康保険の対象に入るかについて

包茎治療にかかる金額の目安を知ろう

日本には包茎をコンプレックスに感じている男性が数多く存在しますが、包茎治療に興味があるものの治療費が心配で中々治療に踏み切れないという方も少なくないでしょう。
現在、包茎治療が受けられるクリニックは数多くありますが、包茎治療にかかる金額はクリニックごとに異なります。

また、どのタイプの包茎なのかによっても金額は変動しますが、日本人に最も多いとされる仮性包茎の方の場合は8万円ほどが相場です。
カントン包茎や真性包茎の方の場合は、仮性包茎の方よりも治療費が高くなる傾向があり、前者の場合は平均で14万円程度、後者の場合は平均で16万円ほどが金額の目安です。

ただし、これらの金額はあくまで目安で、相場よりも安いクリニックもあれば高いクリニックもあります。
加えて、クリニックによって技術力にも差があるので、包茎治療を希望する場合は複数のクリニックを比較検討して自身に最も合ったクリニックを選択するようにしましょう。

包茎治療は健康保険を使って受けられる?

上記の通り、包茎治療にかかる金額は決して安いものではありませんが、包茎治療は健康保険を使って受けられるケースもあります。
健康保険が使えるのは、カントン包茎もしくは真性包茎の方のみですが、費用負担を大幅に抑えることが可能です。
仮性包茎の方が健康保険を使えないのは、仮性包茎の方は適切なケアを怠らなければ亀頭包皮炎などの病気につながるリスクが少ないためです。

なお、包茎治療を専門で行っているクリニックは、基本的に自由診療なので健康保険を使うことはできません。
健康保険を使って受けられるのは基本的に泌尿器科のみで、古い手術方法での包茎治療しか受けることはできないので注意が必要です。
古い手術方法は、包茎を治すことのみを重視しており、美容面には配慮していません。
そのため、術後の傷跡が目立ちやすく、ツートンカラーと呼ばれる皮膚の色が縫合部分を境に肌色と茶色に分かれる状態になりやすいというデメリットがあります。
したがって、術後の見た目を気にするのであれば、基本的に包茎治療専門のクリニックを選択して最新の治療を受けることをおすすめします。

まとめ

包茎治療にかかる金額は包茎のタイプやクリニックよって異なるため、包茎治療を希望する場合は複数のクリニックを比較することが大切です。
また、カントン包茎や真性包茎の方の場合は健康保険を使って治療を受けることができますが、健康保険を使えるのは基本的に泌尿器科のみなので注意が必要です。
泌尿器科では、美容面に対する配慮がない古い治療法のみしか受けることができないので、術後の見た目を気にするのであれば包茎治療専門のクリニックを選択することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*